転職先の新しい上司は外国人
レッスン中の「冷や汗」の回数が
英語力アップへのカギ

IT業界 ITコンサルタント T.Sさん(30代)
品川ランゲージセンターでご受講

初級者 | マンツーマン

adult-profile-01.jpg

Profile

コースマンツーマン/50レッスン(受講開始時)
期間約2ヵ月(受講開始時)/週3~4日受講(1日2レッスン)
受講目的会議や電話など、社内コミュニケーションのため
スタートレベル初級レベル
現在のレベル中級レベル(2017年10月現在)
よかったことレッスン中、教師が丁寧にフィードバックしてくれること


※レベル・プロフィールは受講開始時のものです。

転職先での新しい上司は外国人。
本気で英語を勉強することを決意

英語を本気で勉強することに決めたのは、ITコンサルタントとして、スタートアップ企業に転職することになった1年ほど前のことでした。転職先は外資系の企業で、直属の上司が、外国人の方になったのです。今までも仕事で英語を使う環境にいたのですが、英語ができる同僚や上司の力を借りつつ、それほどしゃべれなくてもなんとかなっていました。

しかし、直属の上司が外国人の方になったことで、「もうこれは英語からは逃げられないな」と腹を括って勉強することにしたんです。

家の近くに複数の英会話スクールがあったので、いくつか体験レッスンに行ってみて、ベルリッツに決めました。理由は単純に家から近かったことと、たまたま短期で集中的に受講できるコースがある時期だったので、転職までの間の期間を利用して、集中して受けてみようと思ったんです。

間違った表現はその場ですぐ直してくれる
丁寧なフィードバックが上達につながりました

実は、ベルリッツに通い始める前は、オンライン英会話を長く受講していました。私自身は、わりとストイックに勉強できるほうなので、頑張って毎日受講している時期もありました。それでもやはり、英語力を仕事で使えるレベルにするのは難しかったんです。

オンライン英会話は、楽しく会話をこなして、会話量を確保するにはすごく良いツールだと思いますし、自分がすでに知っている表現を練習する場としては、とても良いと思います。

ただ、ベルリッツのレッスンを受講してわかった大きな違いがあります。それは、「冷や汗の回数」ですね(笑)。ベルリッツの教師は、間違った表現、適していない表現を使うと、その場ですぐに直してくれます。時制とか、冠詞(aやtheなど)とか、日本人が特に苦手なところも丁寧にチェックしてくれるんです。

自分が話した英語に対して、常にフィードバックがあるので、レッスン中に何度も冷や汗をかきますが、それが、私の場合は上達実感につながっています。特にフィードバックをバシバシしてくれる先生のレッスンは特に冷や汗をかく回数が多くて、レッスンの後にはヘトヘトになることもあります。だからこそ、定着のスピードが違うと思うんです。率直に言って、私は「英会話を楽しみたい」とは思っていません。仕事に活かすために、「とにかく上達したい」という気持ちが強い私にとっては、ベルリッツはとても合っていると思います。

転職前は2ヵ月間の短期集中でレベルアップ。
その後は週末にコンスタントに受講

転職するタイミングで、前職を退職してから、新しい職場に行くまでに約2ヵ月ほどの時間がありました。私の場合は、その2ヵ月間で、50レッスンをマンツーマンで集中的に受けましたね。週3~4日、平日の午前中に1日2レッスンをハイペースで受講していきました。正直ハードな毎日でしたが、なんとか新しい外国人の上司と、最低限のコミュニケーションがとれるレベルまで英語力を引き上げて、転職することができました

【初回ご受講時】 T.Sさんのスケジュール例

コース

  • マンツーマン
  • 50レッスン/約2ヵ月
  • 週3~4日受講(1日2レッスン)

Point

  • 転職の間をつかって短期集中
  • 平日の昼間にコンスタントに受講

1週目10:00 - 11:25
レッスン
10:00 - 11:25
レッスン
15:15 - 15:55
レッスン
10:00 - 11:25
レッスン
2週目10:00 - 11:25
レッスン
10:00 - 11:25
レッスン
15:15 - 15:55
レッスン
10:00 - 11:25
レッスン
3週目15:15 - 15:55
レッスン
10:00 - 11:25
レッスン
10:00 - 11:25
レッスン
4週目10:00 - 11:25
レッスン
10:00 - 11:25
レッスン
10:00 - 11:25
レッスン
5週目

そして転職後も、英語力を引き続き伸ばしていきたいという気持ちが強くなって、継続を決めました。転職してからは、土日の午前中にレッスンを入れるようにしています。週末は家族との時間もとれるように、勉強は午前中に集中して取り組んでいます。予習と復習の時間も、レッスンの前に1時間ほど確保していますね。

前回の宿題や、次回のトピックのわからない表現を調べておきます。やっぱり、自分でお金と時間をかけてベルリッツに通っていますので、絶対にムダにはできないという覚悟がありますね。家族にも応援してもらっているので、頑張らなきゃって思っています。

【ご継続時】 T.Sさんのスケジュール例

コース

  • マンツーマン
  • 80レッスン/約10ヵ月
  • 週2日受講(1日1レッスン)

Point

  • 週末の午前中を有効活用
  • 予習、復習はきっちりと

1週目

11:30 - 12:10
レッスン
2週目11:30 - 12:10
レッスン
11:30 - 12:10
レッスン
3週目11:30 - 12:10
レッスン
11:30 - 12:10
レッスン
4週目11:30 - 12:10
レッスン
11:30 - 12:10
レッスン
5週目11:30 - 12:10
レッスン

会議で「自分が伝えたいことを伝えられる」
英語で表現できる幅が広がりました

今の会社は外資系ですので、外国人スタッフとの会議も、もちろんあります。ベルリッツに通って1年ほどになりますが、会議の内容をきちんと理解し、自分の意見を英語で表現できる幅がグッと広がりました。今までは同僚や上司に頼っていたので、自分としては大きな成長を感じていますね。

ただ、複数の外国人スタッフがいて、外国人同士がスピーディーに会話をしているようなシーンではまだまだ議論についていけないこともあります。そういった課題も含めて、英語の学習には「完成」はないと思っていますので、これからも上達を目指していきたいと思っています。

今後は、言語での壁を少しでも乗り越え、会社のグローバルなリソースを活かして、よりよい価値をクライアントに提供できるようなコンサルタントになりたいと思っています。急成長しているスタートアップでの仕事に挑戦できることに感謝しながら、これからも英語力を磨いていきたいですね。

無料体験で、ベルリッツクオリティを体感

無料体験レッスンは、教室・オンラインをご用意しています。

資料のご請求お問い合わせもお気軽に。

*は入力必須です。

*無料体験は、オンラインのご提供となる場合がございます。 *浜松、岡山、福山校はご提供できるプログラムが異なる場合がございます。

個人情報の取り扱い にご同意いただいた場合のみ、「この内容で送信する」を押してください。

他社との違いが分かる資料をご用意しています