英語で社長とは?

英語で社長とは?

日本では、一般的に、会社の社長(President)が企業の最高経営責任者とされることがほとんどです。

一方で、欧米の企業では、一般的に、企業の最高経営責任者はCEOで、社長はその次の地位の役員だとされることが少なくありません。

それぞれの職位で、業務や責任も異なります。

では、CEOとPresidentで、どのように業務と責任を分担しているのでしょうか?

下にまとめました。

CEO (最高経営責任者)

  • 中長期的な経営方針の決定および執行
  • 取締役会と企業経営との間の連絡役
  • 企業の顔としての役割
  • コングロマリット(さまざまな事業を展開する企業)では複数の社長を統括

President (社長)

  • 経営戦略に沿って短期的な事業計画を決定および実行
  • 会社全体のセグメントや重要な部分のリーダー
  • コングロマリットでは、一つの事業の運営責任者となり、CEOに報告

ご覧いただいたように、それぞれ担当業務と責任に明確な違いがあります。

CEOは経営方針を定める企業運営の最高責任者なので、ステータスも、CEO > Presidentということがお分かりいただけるでしょう。

ところで、日本の企業では、社長が欧米企業のCEOPresidentの両方の職責を負うことが少なくありません。

そして、代表取締役社長となることがほとんどですので、英語でPresident and CEOと名乗る方が多いです。

また、両方の役割を担当している社長でも、CEOを省略して、Presidentとだけ名乗る方も結構な数で存在します。

なかには欧米企業と同様に、CEOPresidentと機能を分けて二つの職責を設けている日本企業も存在しますが、一般的に日本では、社長のステータスが一番高く、President and CEOもしくはPresidentと名乗るというように理解しておくと間違いがないでしょう。

CEO、COO、CFOの違い

CEO、COO、CFOの違い

CEO、COO、CFO、つまり最高経営責任者、最高業務執行責任者、最高財務責任者は、英語でC-suiteと呼ばれ、企業の中枢を司る最も重要な役職をあらわします。

以下にそれぞれの役割と特徴をまとめました。

CEO(最高経営責任者)

  • 組織の最高位に位置し、企業全体の運営を監督
  • 企業の成長のための目標や戦略を立てる
  • 会社のすべての主要な意思決定を行う
  • メディアや一般大衆に対する会社の代表者としての役割も果たす
  • 取締役会とともに目標を設定する
  • 企業規模や組織によっては、
  • 取締役会によって任命

COO(最高業務執行責任者)

  • 企業の内部事務を担当
  • CEOの一つ下の役職
  • 製造業のような業務活動が多い会社に多い
  • 職務は組織によって異なるため、その機能的役割の明確なアウトラインはないが、文化、マーケティング、セールス、戦略、リサーチ、リソースなどが含まれる
  • すべての会社で存在しないCEOが任命

CFO (最高財務責任者)

  • 企業の財務に関する最高責任者
  • 財務管理
  • 財務計画
  • 投資家やパートナーとの関係維持
  • 投資、プロジェクト、戦略などの財務的な事柄について、CEOが任命

日本とアメリカの会社で使われる役職名

日本の会社で使われる役職名

日本の企業もアメリカの企業も組織の構造は一般的に社長/会長を頂点にし、一般社員を最下層としたピラミッド型だと言えます。

日米ともに歴史がある重厚長大な産業の企業では、組織の構造と役職の数は類似しています。

一方で、アメリカのIT産業など歴史の浅い企業は、一般的な日本企業と比べると、組織の階層が少ないので困惑される方が中にはおられます。

ここでは、比較を簡単にするため、日米ともに重厚長大企業の組織を対比しています。

また、便宜上、役員・上級管理職と一般社員の二層に分けて説明します。

役員・上級管理職 

まず最初に、日米企業の役員・上級管理職の名称および主な役割について表を用いて説明します。

職位は階層順で表示しており、表の下に行くほど位が下がります。

なお、企業によっては、一部の位が存在しないことや、役割が微妙に異なることもありますのでご注意ください。

アメリカ 役割/英語名(主な役割)

  1. 取締役会長/Chairperson(取締役会の議事進行)
  2. 最高経営責任者/CEO(企業全体の運営を監督)
    最高業務執行責任者/COO(企業の内部事務の最高責任者)または 最高財務責任者/CFO(企業の財務に関する最高責任者)
  3. 社長/President(会社全体のセグメントや重要な部分のリーダー)
  4. 上級副社長/Executive (Senior) Vice President(日本の副社長/専務と同じ)
  5. 事業部長/Vice President(事業部のマネジメント)
  6. 事業所長,工場長,センター長など/General Manager(事業所、工場、センターの統括)
  7. 取締役または部門長/Director(部の統括)

日本 役割/英語名(主な役割)

  1. 取締役会長/Chairperson(社長の相談役や対外的な活動)
  2. 取締役社長/President(企業全体の運営を監督および会社全体のセグメントや重要な部分のリーダー)

    副社長/Senior (Executive) vice president(社長の補佐)
  3. 専務/Senior (executive) Managing director(経営戦略や方針、企業全体の統括)
  4. 常務/Managing director(会社の日々の業務や従業員の働きを注視)
  5. 取締役/Board Director(専務/常務の補佐)*
  6. 事業部長/Director(事業部の統括)
  7. 部長/General Manager(部の統括)

アメリカ企業の中には、COOをやりながらPresidentを兼務したり、Vice Presidentをやりながらセンター長を兼務するような、役職をまたいで職責を負うこともあるので注意が必要です。

また、同じ英語圏の国でも役職名が異なることもあります。

例えば、イギリスやオーストラリアでは、社長やCEOのことをManaging directorと呼ぶことが多いですが、アメリカでは同じManaging directorでも取締役または部長を指すので注意が必要です。

*他にも、日本企業には、取締役相当の役職に、監査/Auditorや相談役/Senior Advisorがありますが、これらは専門職であり、役員でも上級管理職でもありません。 混同しないように注意しましょう。

一般社員 

次に、日米における一般的な社員レベルの役職について表を用いて説明します。

一般的にアメリカの企業は日本の企業よりも階層が少ないのが特色です。

アメリカ 役職/英語名(主な役割)

  1. 課長〜担当部長/Manager(日本の次長/課長と同じ)
  2. リーダー/Leader(日本の係長/主任と同じ)
  3. 一般従業員/StaffやSpecialist(実務担当)


  1. 日本 役職/英語名(主な役割)


    次長/Assistant General Manager(複数の課の統括)
  2. 課長/Manager(課の統括)
  3. 係長/Assistant Manager(課長の補佐)
  4. 主任/Supervisor(係長の補佐)
  5. 一般従業員/StaffやSpecialist(実務担当)

日本企業がアメリカの企業よりも階層が多いのは、ミスを最小限にし、すべての階層で一貫性を保つためとされています。

一般的に、米国企業の意思決定は早い傾向にあります。

上司は部下に大きな裁量権を与えるので、部下は素早く決断し、意思決定することができます。しかし、残念ながら、そのためにミスが発生することもあります。    

一方で、 日本企業の意思決定は、企業階層に沿って段階的に行われます。

日本企業の意思決定は非常に慎重かつ保守的であり、米国企業よりも遅いことがほとんどです。

このような段階を経て、多くの会議と文書化が行われるため、ミスを最小限に抑えられると考えられています。

日本の企業では、すべての階層で一貫性を保つために階層を多くし、また、役職を多くしているのは上記のような文化的背景の違いに起因しています。

まとめ 

この記事では、

  • 英語で役職名と職位を正確に理解しなければならない理由の説明
  • 英語で社長を何と言うか?
  • CEO、COO、CFOの違い
  • 日本とアメリカの会社で使われる役職名

について説明しました。 

この記事を繰り返し参照することで、これらを正確に理解して、実際にビジネスで活用していきましょう。

あなたのさらなる飛躍を心よりお祈り申し上げます。

新規入学者 教材費無料 / 受講費 最大25%OFF

〈6月30日まで〉夏の学習応援キャンペーン

大人向けはこちら
大学生向けはこちら

夏の特別コース 実施中!

〈7月31日まで〉入学金 50%OFF

子供向け 中高生向け

無料体験で、ベルリッツクオリティを体感

無料体験レッスンは、教室・オンラインをご用意。
一部のプログラムは、無料オンライン体験または受講相談のみとなる場合がございます。

資料のご請求お問い合わせもお気軽に。

*は入力必須です。

*お申込みいただいた内容について、お電話またはメールにてご連絡を差し上げます。@berlitz.co.jpのメールを受信できるようにお願いします。 *浜松、岡山、福山校はご提供できるプログラムが異なる場合があります。 * 履歴管理および品質向上を目的とした、記録(録音、録画を含む)を行う場合があります。

個人情報の取り扱い にご同意いただいた場合のみ、「この内容で送信する」を押してください。

他社との違いが分かる資料をご用意しています