会話で使っても良い話題と避けるべき話題

良い話題と避けるべき話題

ここでは、英語で会話(スモールトーク)するには、ふさわしい話題と避けるべき話題を解説しています。

一般的にスモールトークにふさわしい話題は、Good conversation starters(良い会話を切り出す話題)と言われ、逆に、避けるべき話題はTaboo topics(悪い会話を切り出す話題)と言われます。

これらの区分は、英語圏で過ごしたことがない人からすると怪訝に思われるものがあるかも知れません。

一方で、これらは英語圏の人からすると至極当たり前の分別で、常識的な人はGood conversation startersと言われる話題しかしません。

以下、Good conversation startersとTaboo topicsの違いが一目でわかるように表にまとめましたので、ぜひ参考になさってください。

Good conversation starters 良い会話を切り出す話題 Taboo topics 悪い会話を切り出す話題
Weather(天気) Politics and religion(政治と宗教)
Arts and entertainment(芸術とエンターテインメント) Personal finances(家計)
News and events (ニュースとイベント) Personal Health(個人の健康)
Peripheral Information(周辺情報) Mental Health(心の健康)
Sports(スポーツ) Offensive jokes(不快感を与える冗談)
Family(家族) Sex(セックス)
Food(食物) Death(死)
Work(仕事) Job-changing(転職)
Travel(旅行) Profanity(冒涜すること)
Celebrity gossip(著名人に関する噂話) Appearance(容姿)
Hobbies(趣味) Personal gossip(噂話)
Hometown(故郷) Narrow topics(専門的な話)
Daily activities(日常活動) Past relationships(過去の異性交友関係)
Compliments(相手を賞賛する言葉)

など


表をご覧になられていかがでしたか?
中には日本人の常識とは異なる話題があったかも知れません。

日本人の間では雑談として話すことがある話題でも、英語圏の人にとってはセンシティブなので触れないものがあって、注意が必要なことをおわかりいただけたかと思います。

外国人と円滑に英語でスモールトークをするためには、ここであげた情報をしっかりと頭に入れた上でお話しするようにしましょう。

それでは次に、英語の雑談で使える話題を例文とともに解説します。

雑談で使える話題と例文

Cafe_and_talk.jpg


上で英語で雑談に使える話題を複数あげましたが、ここでは、その中でも、

  • 天気
  • 趣味
  • ニュースやイベント
  • 周辺情報
  • その日のこと(日常活動)
  • 相手を褒めること

の6つについて、例文を用いて解説します。

1. 天気

天気は話題として平凡で退屈に思われるかもしれませんが、中立的なため、当たり障りのないテーマです。
そのため、会話を切り出すのには適しています。

あなたと相手が同時に同じ場所にいる場合、気候や温度などは共通点のある話題です。
最初に、話すことが何も思いつかないようであれば、天気について話すとよいでしょう。

具体例:

It’s cold and windy outside.
外は寒くて風が強いです。

It’s expected to be hotter than yesterday.
昨日よりは暑くなる予定です。

2. 趣味

趣味は、熱量を込めてお話しできるのと共通点が見つかりやすいことから、盛り上がりやすいテーマだと言えます。

また趣味の話をすると、そこから、家族の話や週末の時間の使い方、そして過去に趣味に携わることで体験したユニークな話題などに発展させることができます。

話が膨らみやすく、間を持たせるには便利な話題ですから、ぜひ趣味について語れるようになっておきましょう。

具体例:

What are your hobbies?
どんな趣味をお持ちですか?

I enjoy being physically active. I spend a lot of time playing sports and participating in team games.
私は体を動かすことが好きで、スポーツやチームゲームに多くの時間を費やしています。

3. ニュースやイベント

ニュースやイベントとは、言い換えると、時事ネタです。

今起きていることや、近い将来に発生しそうなことについて話すと、話が大きく膨らみ共感を得て相手と仲良くなれるはずです。

最近知った情報や将来発生する出来事などをお話しするとよいでしょう。

ただし、外国人と英語でスモールトークをするにあたり、何について話すかは注意することが必要です。

日本国内で知る人ぞ知るようなマイナーな話題よりも、世界的な出来事やイベントに触れる方が話が広がります。

具体例:

I was very happy to see the news the other day and learn that ◯◯◯ is coming back to life!
この前ニュースを見て、◯◯◯ が復活することを知って、とても嬉しかったです!

Mr. ◯◯◯, a well-known TV show host, is coming to Japan next time to do a talk show. I am looking forward to it.
著名テレビショーホストの◯◯◯氏が、今度日本にやってきてトークショーを行うそうです。楽しみです。



4. 周辺情報

周辺情報も時事ネタですが、身の回りで発生した(または、する)過去(または、未来)の出来事に関して話します。

身近な出来事なので共感を得やすく、話が盛り上がりやすいです。

聞き手にとって役立つ情報やうれしく思えることなどを話すとよいです。

具体例:

Over the weekend, the ××× exhibition was being held at the ◯◯◯ Museum of Modern Arts. I was extremely impressed when I saw △△△ for the first time.
週末に◯◯◯近代美術館で×××展がやっていて、初めて△△△を見て、もの凄く感動しました。

A Cherry Blossom Festival is going to be held at XX Park this weekend. If the weather is good, I highly recommend you check it out.
週末は○○公園で桜祭りが開催されるそうです。天気が良ければ、ぜひ行ってみてください。

5. その日のこと(日常活動)

これから相手やあなた自身が遭遇することや、その日に自分の身に発生した出来事をお話しすることも盛り上がりやすいです。

これからおこる楽しいこと(または、楽しかったこと)を熱量を込めてお話しするようにしましょう。

たまに、相手が辛いことを経験して嫌な気分になっていることがあります。
そのようなときは、努めて明るく、気持ちを込めて相手をいたわるように優しい言葉をなげかけてあげるとよいです。

具体例:

How are you doing? I am looking forward to finally getting to see my girlfriend this weekend.
調子はいかがですか? 私は今週末やっと彼女に会えるので楽しみです。

Hello. You look like you’ve had a bad day. I hope things will get better for you soon.
こんにちは。今日は嫌なことがあったみたいですね。早く良くなるといいですね。



6. 相手を褒めること

人は褒められると良い気分になります。これは万国で共通しています。

特に英語圏では、多くの人が、日常的に相手を褒める表現を使うことが多いです。
そのため、外国人相手の場合、日本人相手よりも少々オーバー気味に褒める方がよいですね。

具体例:

I like what you are wearing! Where did you buy those shoes?
素敵な靴を履かれていますね。どこでその靴を買われましたか?

You are an excellent speaker! I was moved by the speech you made about ◯◯◯.
私はあなたのことを素晴らしいスピーカーだと思います。 ◯◯◯についてのスピーチに感動しました。

日常生活での会話の例

日常生活 会話

ここでは、日常生活のスモールトークを英語の会話で行う際の事例を紹介します。

Aさんが興奮しているBさんに、「なぜ興奮しているのか?」理由を確認することで話が広がっていく様子が描かれています。

このようなスタイルで話題が広がることはよくありますので、ぜひ参考になさってくださいね。


【英文スクリプト】

A: Hello B.

B: Hello. How are you today?

A: Not bad, thank you. How about you? You look a little excited today.

B: I’m great. My new car arrived yesterday! So I am planning to drive to ◯◯◯ this weekend. I can’t wait!

A: That sounds exciting. What type of car did you get?

B: △△△, a sports coupe. Ever since I was a teenager, I always wanted to drive a sports coupe. Finally, my dream came true!

A: Wow! That’s wonderful. Drive safe.

B: Thanks. I will.



【和訳】

A:こんにちは。 Bさん。

B:こんにちは。 調子はどうですか?

A:悪くありません。ありがとうございます。あなたは? 今日は少しテンションが高いようですね。

B:最高です。昨日、新しい車が届きました。週末に◯◯にドライブに行く予定があるんですよ。 なので、週末が待ち遠しいです。

A:それは楽しみですね。 どんな車を買ったんですか?

B:△△△、スポーティーなクーペです。10代の頃からずっとスポーティーなクーペに乗りたかったんですよ。やっと、夢が叶いました!

A:わあ!すごいですね。安全に運転してくださいね。

B:ありがとう。 そうします。

ビジネスシーンでの会話例

ビジネスシーン 会話

次に、ビジネスシーンでのスモールトークを英語で行う際の事例を紹介します。

Aさんが、3ヵ月前に訪問したオフィスを再度訪問すると、少し様子が変わっていることに気がついたので、そのことをBさんに質問することで話が広がる様子が描かれています。

こちらもよく話される雑談内容となっておりますので、ぜひ参考になさってください。


【英文スクリプト】

A: Hi B. How are you? Things look a little different in the office from the last time I visited here. Has it changed?

B: Hello A. I’m good. Since you visited here the last time, we changed desks, computers, and other equipment.

A: I see. I feel that the office is more spacious than before.

B: We've got new desks and chairs, and replaced desktops with laptop computers.

A: That's great. I also feel the office is cleaner than before.

B: We also changed the wallpaper and hired a new cleaning crew.

A: That's wonderful. Now I feel that you will be very productive.

B: I agree. Everyone is happy.



【和文スクリプト】

A:Bさん こんにちは。お元気ですか?前回私がここに来たときとオフィスの様子が少し変わったみたいですね?

B:こんにちは Aさん。私は元気です。あなたの訪問後に、机やコンピューターなどの備品を入れ替えたのですよ。

A:そうなんですか。前よりオフィスが広くなった気がしますよ。

B:机と椅子を新しくしたし、デスクトップはノートパソコンに変えたのです。

A:それはいい。また、以前よりオフィスがきれいになった気がする。

B:壁紙も変えたし、新しい清掃員も雇うようになりました。

A:素晴らしい。これで生産性が上がるような気がします。

B:私もそう思います。みんな喜んでいますよ。

まとめ

この記事では、外国人との距離を縮めるために必要な英語で雑談(スモールトーク)をするのに

  • 適切な話題とそうでない話題の違い
  • 役立つフレーズ
  • 会話形式でのやりとり

の3点を解説しました。

ここに書いたテクニックを用いると必ず外国人との距離が縮まりますので、ぜひご活用ください!

無料体験で、ベルリッツクオリティを体感

無料体験レッスンは、教室・オンラインをご用意。
一部のプログラムは、無料オンライン体験または受講相談のみとなる場合がございます。

資料のご請求お問い合わせもお気軽に。

*は入力必須です。

*お申込みいただいた内容について、お電話またはメールにてご連絡を差し上げます。@berlitz.co.jpのメールを受信できるようにお願いします。 *浜松、岡山、福山校はご提供できるプログラムが異なる場合があります。 * 履歴管理および品質向上を目的とした、記録(録音、録画を含む)を行う場合があります。

個人情報の取り扱い にご同意いただいた場合のみ、「この内容で送信する」を押してください。

他社との違いが分かる資料をご用意しています