1.天気を話題にする

お天気の話題は、誰とでも話せる無難な話題の一つです。
朝や出かける際の挨拶に続けて一言付けたして、会話のきっかけにしてみてください。


1)天気を話題にする1

あなた:
今日はいいお天気ですね。
It’s a beautiful day today, isn’t it?

宿の主人:
そうですね、このままだと良いのですが。今日は何かご予定がありますか?
Yes, it is. I hope it stays that way. Do you have any plans?


2)天気を話題にする2

あなた:
今日は本当に暑いですね!
It’s really hot today.

宿の主人:
本当にね。このところ極端なお天気が多くなってきている気がしませんか?
That’s true. I think this extreme weather is becoming increasingly common these days, don’t you?


3)天気を話題にする3

あなた:
雨は降っていませんよね。
It’s not raining, right?

宿の主人:
はい。でも、じきに降るかもしれません。
No, but it may rain later.

あなた:
では、傘を持って行く方がよさそうですね。
Ah, maybe I should take an umbrella.

宿の主人:
なくても大丈夫だと思いますよ。きっと、一時的な雨でしょうから。
I think it’ll be fine. It’ll probably only be a shower.


★他にもさまざまな表現があります。合わせて、「英語で天気の話題をスラッとこなすコミュニケーション術」もご覧ください。

2.食事を話題にする

当地ならではの食事の話題も、旅人が現地の方と交わす会話に最適な話題の一つです。
朝食付きの宿であれば、朝食をサーブしてもらっている時にこんな会話はいかがでしょうか。


1)食事を話題にする1

あなた:
わぁ、これは伝統的なイングリッシュブレックファストですね!楽しみにしていました。
Wow! This is a traditional English breakfast, isn’t it? I’ve been looking forward to trying this.

宿の主人:
それは良かった。シリアルはお好きなものをどうぞ。マーマレードは自家製で、蜂蜜もうちの蜂から採ったものです。すぐに紅茶を持ってきますね。卵をもう一つ、それか、ベーコンをもう一切れいかがですか?
Oh, I’m glad to hear that. There is a choice of breakfast cereals; the marmalade is homemade, and honey is from our own bees. I’ll bring a pot of tea shortly. Would you like another egg or another rasher of bacon?


2)食事を話題にする2

あなた:
ブラックプディングとマーマイトをいただくのはこれが初めてです。
This is my first time to try black pudding and Marmite.

宿の主人:
お口に合うと良いのですが。
I hope you like them.


3)食事を話題にする3

あなた:
これの作り方を教えていただけますか?
Can I ask how you cook this?

宿の主人:
それはベイクドビーンズです。作るのはとても簡単です。缶から出すだけですから。このようなものです(缶を見せながら)。
Those are baked beans. They’re very easy to cook. They come in a tin. Like this (showing a tin).


4)食事を話題にする4

あなた:
これの作り方を教えていただけますか?
Can I ask how you cook this?

宿の主人:
それはヨークシャープディングです。難しくはありませんが、生地を型に入れるときには、油をとっても熱くしておくことが重要です。
That’s Yorkshire pudding. It’s not difficult, but you need to make sure the oil is super hot when you pour the batter into the tin.

3.イベントやレジャーを話題にする

現地で開催中のイベントや人気のレジャーも、ちょっとした話題として便利です。
やることが決まっていない日に、その日の過ごし方のヒントを宿の方からいただくのも面白いものです。


1)イベントを話題にする

あなた:
今日この辺りで行われる面白いイベントを何かご存知でしょうか?
Do you know if there are any interesting events going on near here today?

宿の主人:
えーと、今日はチッピングノートンでアンティーク市が開催されていますよ。それから、チャッストン・ハウスではカーブート・セール(自家用車に不用品を詰め込んできて売るフリーマーケット)がありますね。
Well, there is a vintage fair in Chipping Norton today. And there’s a car boot sale at Chastleton House.

あなた:
それは良いことを聞きました。出かけてみようかな。
That’s good to know. I’ll check them out.

宿の主人:
楽しんできて下さいね。
Have fun!


2)レジャーを話題にする

あなた:
この辺りはサイクリングによさそうですね。
This area seems to be good for cycling.

宿の主人:
そうですね。実際、多くの人がこの辺のサイクリングを楽しんでいますよ。
Right. Actually, lots of people cycle for fun around here.

あなた:
ベストシーズンはいつごろですか?
Which season would be the best time to cycle?

宿の主人:
個人的なお勧めは初夏ですね。比較的暖かく、雨や泥をあまり心配しないで楽しめます。
Personally, I’d recommend early summer. The weather is warmer and you don’t have to worry so much about getting wet or muddy.

あなた:
なるほど!次の旅行の参考にします。
That sounds good! I’ll keep that in my mind for my next trip.

4.宿自体を話題にする

オーナーの趣味や建物の歴史が伺える個性的な宿では、宿自体も話題にしやすいです。
話の流れで家族のお話を伺えることもよくあります。


1)インテリアを話題にする

あなた:
言おうと思っていたのですが、素敵な居間ですね。
I wanted to tell you… I really like your living room.

宿の主人:
そう言ってもらえて嬉しいです。これまでに集めたアンティークも置いているのですよ。
I’m glad you like it. Some of the antiques I’ve collected are in there.

あなた:
この辺りのアンティーク店で見つけたのですか?
Did you find them in antique shops here?

宿の主人:
いくつかはそうです。外国旅行中に手に入れたものも少しだけありますよ。
Some of them. I also picked up quite a few on my travels in other parts of the world.

あなた:
あちらこちらに行かれているのですか?
So, have you visited many countries?

宿の主人:
ほんの少しです。主にはヨーロッパですね。このランプはイタリアのものです。
Hmm, quite a few, especially in Europe. This lamp is from Italy.

あなた:
美しい…
Oh, it’s beautiful…

宿の主人:
ありがとう。
Thank you.


★褒める表現については、ぜひ「喜ばれる英語の褒め言葉と、褒め言葉を使った会話テクニック」も合わせてご覧ください。


2)来歴を話題にする1

あなた:
ずっとこちらにお住まいなのですか?
Have you been living here for a long time?

宿の主人:
そうですね、ここには20年ほどになります。その前はバーミンガムにいました。
Yes, we’ve been here for about 20 years. Before that, I lived in Birmingham.

あなた:
バーミンガムには行ったことがありません。どんな街ですか?
I’ve never been to Birmingham. What is it like?

宿の主人:
ロンドンに次いで人口の多い、イギリスの主要都市のひとつですよ。
It’s one of the major cities in England. It has the second largest population after London.


3)来歴を話題にする2

あなた:
こちらのB&Bは、もう長くなさっているのですか?
Did you start this B&B a long time ago?

宿の主人:
いいえ、大体3年くらいになります。息子が出て行ったあと始めました。
No, it’s been about 3 years. I started it after my son left.

あなた:
息子さんはどうして出て行かれたのか伺ってもよいですか?
May I ask why he left?

宿の主人:
彼は新しい仕事を始めるためにロンドンに行ったのです。
He moved to London to start a new job.

あなた:
ロンドン!何だかかっこいいですね。
London! Sounds cool.

宿の主人:
かなり忙しくしているみたいですよ。クリスマス以来会っていません。
He tells me he has been very busy. I haven’t seen him since last Christmas.

あなた:
あぁ…では、次に会える機会が楽しみですね。
I see. You must be looking forward to seeing him again.

宿の主人:
全くです!来月、ガールフレンドを連れてきてくれる予定なんですよ。
Absolutely. He’s coming to visit next month with his girlfriend.

5.自分の旅程を話題にする

宿の方から、次はどこに行くのか、といった質問を受けることがあります。
せっかくの会話の機会ですし、行先についての有益な情報も得られることもありますので、ぜひ積極的に返事をしたいものです。
旅程表や地図も会話を盛り上げる小道具になりますよ。


1)自分の旅程を話題にする1

宿の主人:
今回の旅行では、他はどこに行くのですか?
Where else are you planning to visit during your trip?

あなた:
はい。次はストラトフォード=アポン=エイヴォンに向かいます。
I was hoping to visit Stratford-upon-Avon next.

宿の主人:
それはいい計画ですね。とても愛らしい街で、シェイクスピアの生地としてとても有名です。でも、それ以外にも見所の多い街ですよ。
Oh, that’s a good plan. It’s a lovely town, and of course it’s famous for being the birthplace of William Shakespeare. But there are lots of other great places worth visiting.

あなた:
そうみたいですね。すごく楽しみです!たとえばどの場所がおすすめですか?
I know, I’m so excited! What other places would you recommend?


2)自分の旅程を話題にする2

あなた:
イギリスでの最初の晩は、ヒースロー空港の近くに泊まりました。
I stayed near Heathrow airport on my first night in the UK.

宿の主人:
いかがでしたか?
How was it?

あなた:
ホテルは十分に快適でしたが、ロンドンの中心部からあんなに遠いとは知りませんでした。
It was comfortable enough, but I didn’t realise Heathrow was so far away from central London.

宿の主人:
はい、それはしばしば人々を驚かせます。今回の旅行ではロンドンにも滞在するのですか?
Yes, that does surprise people sometimes. Will you be staying in the London during your trip?

あなた:
二日目にロンドン観光をして一泊しました。
I stayed there on the second day after one day of sightseeing.

宿の主人:
それは、ロンドンの見るべきところを見て回るには短すぎますね。
That’s not nearly enough to see all there is to see in London.

6.写真を話題にする

これまでの道中で撮りためた写真も、会話の材料にしやすいです。
もしあなたがSNSを利用していたら、その画面を見せるのもよいでしょう。


1)写真を話題にする1

あなた:
見てください、こちらの街中で撮った写真です。
Have a look at this. I took this picture in the town centre.

宿の主人:
そのカフェは知っています。雰囲気がとてもよいですよね。食べ物もとてもおいしいです。
I know that cafe. The atmosphere is really nice. The food is great too.


2)写真を話題にする2

あなた:
この食器棚の写真を撮ってもよいですか?
May I take a picture of this china cabinet?

宿の主人:
どうぞ。私のお気に入りの家具の一つです。イギリスではウェルシュドレッサーと呼びます。
Sure. That is one of my favourites. We call them welsh dressers here.


3)写真を話題にする3

あなた:
よろしければ、滞在の記念として写真に一緒に入っていただけますか?
Could I take a picture with you as a memento of my stay here?

宿の主人:
もちろんです。私もその写真がほしいです。メールで送っていただけますか?
Of course. I’d love to get a copy. Would you mind sending me one by e-mail?


いかがでしたか?
ビジネスユースのホテルでは、スタッフと私的な会話をすることはあまりないかもしれませんが、小規模なホテルや、家族経営のB&B・ファームステイなどでは、しばしばそのような状況があるものです。
次の旅行には、あえてそんな宿を滞在先に選んで、積極的に話す機会を作ってみませんか?

★会話の中での自然な相槌については、「「たしかに」 「なるほど」会話が弾む英語の相槌表現39種」にまとめていますので、ぜひ合わせてご覧ください。

新規入学者 入学金0円 / 受講費 最大25%OFF

〈7月31日まで〉夏の学習応援キャンペーン

大人向けはこちら
大学生向けはこちら

夏の特別コース 実施中!

〈7月31日まで〉入学金 50%OFF

子供向け 中高生向け

無料体験で、ベルリッツクオリティを体感

無料体験レッスンは、教室・オンラインをご用意。
一部のプログラムは、無料オンライン体験または受講相談のみとなる場合がございます。

資料のご請求お問い合わせもお気軽に。

*は入力必須です。

*お申込みいただいた内容について、お電話またはメールにてご連絡を差し上げます。@berlitz.co.jpのメールを受信できるようにお願いします。 *浜松、岡山、福山校はご提供できるプログラムが異なる場合があります。 * 履歴管理および品質向上を目的とした、記録(録音、録画を含む)を行う場合があります。

個人情報の取り扱い にご同意いただいた場合のみ、「この内容で送信する」を押してください。

他社との違いが分かる資料をご用意しています