オーバーラッピングとは?

オーバーラッピングとは、教材のスクリプトを読みながら、流れる英語の音声と同時に発声を行うことで、リスニング力とスピーキング力を同時に鍛えることができる効率的な英語の学習方法です。

英語のOverlap(重ね合わせる)という言葉を語源に持つこの学習方法では、音声にピッタリと重ね合わせて英文を読む訓練を行います。

この練習を繰り返し行うことで、英語が母国語の方たちの言っていることを理解する力、そして、彼らと同じように会話でコミュニケーションが取れるようになります。

オーバーラッピングとシャドーイングの違い

オーバーラッピングとよく似ている英語の学習方法のひとつに、シャドーイングというものがありますが、違いをご存じでしょうか? 

シャドーイングとオーバーラッピングには、異なる特徴が2点あります。

1点目は、発声のタイミング。 シャドーイングでは英語の音声を聞きながら、少し遅れて音声を追いかけるように発声するのに対し、オーバーラッピングでは音声と同時に発声します。

2点目は、スクリプトのあるなし。 シャドーイングでは何も読まずに、影のように英語の音声を追いかけて発声するのに対し、オーバーラッピングではスクリプトどおりに読んで発声します。

何も見ずに音声だけを頼りに発声するシャドーイングは、難易度が高い中上級者向けの英語の学習方法ですが、オーバーラッピングは誰でも分け隔てなく学習できる方法なのです。

英語はコミュニケーションツールですが、文章を読んだり動画を眺めていたりするだけでは上達のスピードが遅く、五感を多く使って勉強する方が早く上達します。

例えば、自動車の運転技術の習得に似ています。自動車の運転技術は、座学や本を読むだけではなかなか上達しません。実際に車を動かして、車の運転を体に慣れさせることで運転技術を体得します。

日本の学校で教えられる英語の授業は、これまで文法や読解が主で、五感を用いて学習する機会にあまり恵まれていませんでした。

そのため、五感を用いるオーバーラッピングの学習方法が、英語力を劇的に向上させられると今注目を集めているのです。

この学習方法で学ぶことで、あなたの英語力が短期間で向上することを願っています。

学習の効果

オーバーラッピングは、スクリプトを読みながらネイティブスピーカーの音声と同じように発声する練習を行うため、発音が矯正され、リスニングスキルの向上が学習の効果として見込まれます。

それらが具体的にどんなメリットをもたらすのか? 以下解説いたします。

1.発音の矯正

英語を正しく発音するには、次の5点すべてが一定のレベルに到達することが欠かせません。

  1. スピード
  2. アクセント
  3. イントネーション
  4. 音声変化
  5. リズム

これらは、スクリプトを音読するだけでは身につきません。そして、モデル音声なしで読むと、どうしても自己流の発音になってしまいがちです。

そこで、英語が母国語の人物が発声する音声を用いて、オーバーラッピングで学習するとよいとされています。

オーバーラッピングでは、一言一句モデル音声と同じタイミングで話すことが求められるので、英語が母国語の人たちのスピード感とリズム感が身につきます。

上であげた5点すべてが理想的なレベルに達することで初めて、相手と快適なコミュニケーションがとれるようになります。 

しかし、5点すべてを矯正することは簡単ではないので、最初は最も矯正しやすい「スピード感」と「リズム感」の改善に集中するのがよいでしょう。

そして、訓練を重ねることで、「スピード感」と「リズム感」がある程度のレベルに達した後に、「アクセント」や「イントネーション」、「音声変化」の練習をすることをオススメします。 

なかにはネイティブのように話すことが出来なくてもよいと言われる英語学習の専門家もおられますが、正しい発音を身につけることが、異文化から来る人物と正確に意思疎通を図るには必要不可欠です。

日本語とは異なり、子音が多い英語ですが、オーバーラッピングで積極的に訓練を重ねることで、ネイティブが違和感を感じることのない英語特有の発音ができるようになりましょう。

2.リスニングスキルの向上

リスニングスキルとは、耳を通して言語を受け取る技術で、音を識別し、正確に解釈する能力です。

4つの言語スキル(リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング)のうち、人が生まれてから最初に身につけるのがリスニングスキルです。そのため、リスニングスキルは言語スキルの中枢とも言える大切な能力であり、これさえ征することができれば、コミュニケーション能力は飛躍します。

では、どうすれば効率的にリスニングスキルを伸ばすことができるのでしょうか? さまざまな方法がありますが、近年最も注目されているのがオーバーラッピングです。

人は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感を出来るだけ多く同時に使って学ぶ方が、一つの感覚だけを使って学ぶよりも脳が刺激されるので上達スピードが早いと言われています。

目でスクリプトを読み、耳でしっかりと音声を聞き、口を音声どおりに動かすオーバーラッピングは、さまざまなリスニング勉強法の中でも、複数の器官から脳が刺激を受けるため、最も上達が早いと考えられています。

ところで、大抵の日本人が英語のリスニングでなぜ苦労するかご存じでしょうか?

それは言語の構造が異なるからですが、もう一つ、英語の発音はネイティブでも個人ごとに異なることが珍しくなく、私たちが教科書で習ったものと同じように発音しないことが多いからです。

ネイティブは会話中、発音を省略したり、自分が言いやすいように変えて発声することが珍しくありません。 しかし、彼らは、適当に自分が発声しやすいように言い換えている訳ではなく、英語の音声変化のルールにのっとり言葉を変えて話しています。

そのため、音声変化のルールを理解して発声できるようになればよいというわけです。

トレーニング中は、音声変化がおきている箇所を含めて、最初から最後までスピードもテンポも声色もアクセントも何もかも、音声に完全にかぶさるように合わせて声を出すようにしましょう。

練習を繰り返すことで、モデル音声どおりにオーバーラップして声が出せるようになれば、無意識でもネイティブと同じように口や舌を動かして話せるようになります。

それができるようになると、息遣いやアクセント、イントネーションを含めて、ネイティブの会話を聞き取ることができるようになり、リスニングスキルが定着していきます。

オーバーラッピングのやり方

ここでは、オーバーラッピングの具体的なやり方を説明します。

5つのステップ(1.事前準備、2.言葉の確認、3.聞き取れない場所の特定、4.演習、5.仕上げ)に分かれていますが、順番どおりにこなしていきましょう。

詳しく丁寧にやり方を解説していますので、ぜひ参考にしてください。

1. オーバーラッピングで学習するための事前準備を行う

オーバーラッピングは、一般的な座学と異なり五感を用いて行う学習方法のため、学習環境面において以下3点に配慮して事前準備を行うことが必要です。

  • 音声が聞き取れる場所の確保
  • 自分が大声で発声できる場所の確保
  • 自分に合った英語の音声付き教材の入手

1点目は、流れる音声をしっかりと聞き取ることができる静かな環境です。

周囲にテレビを見たり騒いでいたりする人がいると、英語の音声を聞き取るのに苦労します。 また、工事や車の騒音などが聞こえると、同様に英語の音声をうまく聞き取ることは困難です。

できる限り音声がはっきりと聞き取れる静かな場所での学習を試みましょう。

2点目は、自分が声を出して発声の練習をしても周囲に迷惑がかからない環境であることが必要です。 集合住宅などに住んでいるとどうしても、周囲に気を使って小声になってしまうかもしれませんが、しっかりと発声することに意識を向けて、人に迷惑がかからない時間帯で勉強することを心がけるとよいでしょう。

そして、3点目は教材選びですが、自分に合った英語の音声付き教材を入手するようにしましょう。 この場合、何に注意しなければいけないかですが、大きくは英語の難易度・教材の内容/趣味・フレーズの長さの3点です。 これらがあなたに合う教材を選んだ方が、リスニング力とスピーキング力の上達が早まります。

では、次に具体的なオーバーラッピングのやり方をステップごとに見ていきましょう。

2. 目読で知らない言葉を特定する

音声を聞く前に教材のスクリプトを声を出さずに読んでみましょう。知らない言葉がいくつか出てくることでしょう。 

知らない言葉の意味は、辞書を使って確認しておくことが大事です。

そして、実際に音声を使って学習する前に、必ず意味がわからない言葉がない状態にしておきましょう。

言葉の意味を知らずにオーバーラッピングで学習するよりも、熟知した上で学習する方が上達スピードが早いです。

3. リスニングで聞き取れない箇所を特定する

実際にリスニングをしてみて聞き取れない箇所がないか確認しましょう。その際、スクリプトを見ながら音声を聞いてください。

耳慣れない言葉や聞き取れない言葉が出てくるはずです。

そういった箇所は、ネイティブがどのように発声しているのかがわかるようになるまで、何度も繰り返し聞くようにしましょう。

耳が慣れることでリスニング力が飛躍し、さらにその言葉を自分でも再現して発声を繰り返すことでスピーキング力が大幅に向上します。

4. 実際にオーバーラッピングをする

オーバーラッピングを行うにあたり、知らない言葉やリスニングで聞き取れないところがなくなっていますか? もし、不明点や聞き取れない箇所がまだあるようでしたら、確認作業を終えてからオーバーラッピングに取り組むようにしましょう。

確認作業を終えた方は、下の3つの点に注意しながら、実際にオーバーラッピングで練習しましょう。

  1. 英文スクリプトを必ず目で追いながら話す
  2. 英語の音声に最初から最後までピッタリ合わせて話す。その際、アクセントやスピード、イントネーション、リズム、間、そして音声変化を忠実に再現できるように努める
  3. カタカナ英語で話さない( 恥ずかしがらずにネイティブをまねして話す)

ひとつでも欠けているとよい効果が期待できませんので、必ずこの3点を抑えた上で練習することが大切です。

5. 仕上げる

オーバーラッピングは、音声どおりに話すことと、音声を聞き取ることができるようになること、これらの2点を達成するのが目的です。

学習中は、これら2点に集中し、他のことに意識が向かないように気をつけましょう。オーバーラッピングで期待した成果が残せない場合は、リスニングでつまずいている可能性が高いでしょう。

もし、うまくいかないようであれば、一言一句がクリアに聞こえるようになるまでうまく聞き取れないところを繰り返し耳にすることが大切です。

聞き取りにくい場合は、一つのフレーズだけ音声を流す、または、一つのフレーズの中でも聞き取りにくいところだけを限定して音声を流したり、一つの単語だけに限定して音声を流すといったように、こまかく区切って聞くことが大切です。

そして何度も繰り返すようにしましょう。 リスニングができるようになれば、オーバーラッピングの仕上げまで、あと一歩です。 自身の発声が英語の音声どおりになっているか? 

特にスピードとリズムに間が寸分も異ならないことに気を配り、再現できるようになりましょう。 そして、モデル音声とまったく同じ調子で始めから終わりまでピッタリ話すことが出来るようになれば、目的達成です。

それが出来るようになった時点で、アクセントにイントネーション、そして音声変化が再現できるように練習を繰り返してください。

教材の選び方

効率的にオーバーラッピングで学習するには、自分に合った教材を選ぶことが欠かせません。

自分に合っていない教材を使うと、本来鍛えられるはずのリスニングやスピーキングの練習以外で余計な労力が必要になり、最悪いつまでたっても上達しない場合もあります。

そこでこの章では、あなたに合った理想的なオーバーラッピング用の教材の選び方について解説します。

次の3つの基準に沿って教材を選ぶようにしましょう。

  1. 自身の英語レベルに合った教材を選ぶ
  2. 自身が興味を持てる分野で教材を選ぶ
  3. 短い文章で書かれた教材を選ぶ

1. 自身の英語レベルに合った教材を選ぶ

自身の英語レベルに合った教材とは、9割以上辞書なしで読めるテキストです。

一つのフレーズで、何度も辞書を調べなければならないテキストでは難しすぎます。

ほぼ辞書なしでも快適に読むことができるテキストが理想的です。

ただし、簡単すぎるものは逆に練習になりませんので、ある程度難しい...1割くらいは知らない単語が入っている教材を選ぶとよいでしょう。

2. 自身が興味を持てる分野の教材を選ぶ

例えば、音楽家は音楽について書かれた教材を、乗り物好きなら、自動車や飛行機について書かれた教材を選ぶようにすると、スピーキング力もリスニング力も上達が早まります。

逆に、興味がない分野で勉強をするのは苦痛で、どうしても学習効果が出るまでに時間がかかります。

自分の趣味や好きなことや興味を持てる分野で教材を選ぶと学習時間も楽しくなり、長時間勉強しても苦痛にならずに早い段階での上達が見込めます。

興味を持てる分野の教材を入手することが難しい場合、読んで苦痛に感じない分野で教材を選ぶとよいでしょう。

とにかく、苦手な分野や嫌いな分野の教材は避けるようにしましょう。

3. 短い文章で書かれた教材を選ぶ

スピーキング力とリスニング力を鍛えるには、短い文章で学ぶ方が上達が早まります。

簡単に言い切ることができない長いフレーズの場合、息継ぎが大変だったり、どこを強調して抑揚をつければよいのかわからず、英語に不慣れな人の場合、それだけで大変なストレスになり、練習に取り組む意欲が削がれます。

また長文の場合、長くて難解な単語がテキストに盛り込まれていることも少なくありませんが、そういったものも避けるべきです。

シンプルで理解しやすく、発音にも苦しまない短い文章で書かれた教材を選ぶことがスピーキング力とリスニング力を鍛える近道なのです。

その他-おすすめの教材

上の3つの基準すべてに当てはまる教材を選ぶことで、オーバーラッピングの学習でリスニング力とスピーキング力を短時間で向上させることが可能です。

ただし、これらの基準で選んだ教材を使って学習しても、それが自己流の間違った学習方法になってしまっている場合、あまり上達しません。

また、仮に上達することができたとしても、上達までにはとても長い時間がかかります。

そこで、オーバーラッピングで効率的に学習できるようになるため、学習方法の技術を高めるのに役立つ教材をご紹介します。

上で説明した「教材を選ぶ3つの基準」は、自動車レースに例えると「優れた自動車の選び方」で、これからお伝えすることは「自動車を早く運転する技術」です。

レースで優勝するには、優れた自動車と早く運転する技術の両方があって初めてそれが実現するのと同じです。オーバーラッピングの学習で成果を残すにも、これまでにお伝えした教材と、今からお伝えする教材に書かれた知識の両方を活用することが欠かせません。

以下3つの教材も必ず入手しましょう。

  1. ディクテーションの解説本
  2. 音声変化の解説本
  3. 公式TOEIC® Listening & Reading 問題集

1. ディクテーションの解説本とは

「ディクテーション(Dictation)」とは、聞いた英語を一語一句書き取る訓練を指します。

流れる音声を聞いて、文章の中に抜けている単語を書く穴埋め方式のものと、全文書き込む方法のものがあります。

前者はオーバーラッピングの初心者向けで、中級者以上の方は後者の教材で学習しましょう。

特に前者は、英文の基礎知識がまだ定着していないような方にオススメしたい教材です。

ディクテーションの教材の中には、会社の上司や同僚、部下との日常会話や対話、留守番電話でのメッセージ、プレゼンテーションなど、普段耳にすることが多いフレーズ集で構成されるものが多くありますので、語彙力や表現力を伸ばしたい方のお役に立つことでしょう。

CDや音声をダウンロード出来る教材は書店などで販売されているので探してみましょう。

2. 音声変化の解説本とは

音声変化の解説本とは、言葉が話されるときに、もとの発音から変化されるものを説明してくれる教材です。

日本語でも特殊な漢字の読み方があるように、英語の場合、綴りどおりに発音されない単語やフレーズがあります。

このように例外的な発音がなされる単語やフレーズは、5つのルール(連結、同化、ラ行化、脱落、弱形)に基づいたもので、これらのルールを音声変化の解説本では説明しています。

これらのルールを知ることで、リスニング力が向上し、結果的にスピーキング力も向上しますので、ぜひマスターしておきたいものです。

こちらも書店などで探してみてください。

3. 公式TOEIC® Listening & Reading 問題集

TOEIC®のListening & Reading 問題集はオーバーラッピングの練習を行うのに理想的です。

コンパクトな文章構成になっているものが多く、日常的に使用されるフレーズも豊富に活用されています。 TOEIC®の問題集は他の教材よりも中古市場で出回っていることも多く、古本屋で安く購入することも可能です。

オーバーラッピングの効果を高める方法

この章ではオーバーラッピングの効果を高めるためにやるべきこと、オーバーラッピングでの弱点の克服、そしてオススメの勉強方法(反復練習)について解説します。

オーバーラッピングの効果を高めるためにやるべきこと

オーバーラッピングの効果を高めるためにやるべきことは2つあります。

一つ目は、スクリプト/テキストに書かれた内容を理解してからオーバーラッピングをすることです。 内容を理解しておくと、脳に発声方法がインプットされやすくなります。

二つ目は、専門家と一緒に勉強することです。

オーバーラッピングは独学の勉強方法ですが、独学の場合、弱点を指摘されることがないため、すぐに限界に達してしまいます。 また、自己流で誤ったやり方や癖が身についてしまいがちです。

正しいオーバーラッピングの技術を身につけるためには、言語学や第二言語習得研究の専門家に自身のオーバーラッピングをしている様子を観察してもらい、弱点を指摘してもらうことが有効です。

専門家であれば、生徒がどういった発音の聞き取りに苦しむのか、またどういった誤りをしがちかなどを、経験値からも指摘することが可能です。

専門家は、民間の企業団体や大学などの研究機関に属しています。

(当社にも言語学や第二言語習得研究の専門家がおりますので、ご興味がお有りの方はお問い合わせ願います)

オーバーラッピングでの弱点の克服

オーバーラッピングでは、リスニングとスピーキングの能力を高めるトレーニングを行いますが、その過程で改善すること/できることがたくさんあります。

例えば、

  1. 発音しづらい/聞き取りづらい単語やフレーズの特定と改善
  2. 発音の強弱の特定と改善
  3. ネイティブと同じスピード感・リズム感での会話の実現
  4. 英語の抑揚のつけ方の習得
  5. 英語の音声変化の特徴の習得

などが挙げられます。

もし英語に苦手意識を持っていて、具体的に改善したいことが上記の中にある場合は、オーバーラッピングでの学習をオススメします。

反復練習

オーバーラッピングの成果を出すためには、できる限り多くの反復練習を行うことが欠かせません。

負荷も時間もかかりますが、繰り返し聞いて口にすることで、最も効率的にスピーキング力とリスニング力が向上します。

面倒かもしれませんが、最低10回は同じフレーズを聞いたり発声したりして、また、時間をおいて繰り返し学習するなどの労を惜しまないようにしましょう。

まとめ

  • オーバーラッピングの定義(オーバーラッピングとシャドーイングの違い)
  • 学習の効果(発声とリスニングスキルの向上)
  • オーバーラッピングの具体的なやり方(1.事前準備、2.言葉の確認、3.聞き取れない場所の特定、4.演習、5.仕上げ)
  • 教材の選び方
  • (3つのオーバーラッピング教材の選定基準とオーバーラッピング学習をより効果的にする教材の説明)
  • オーバーラッピング効果の高め方(高めるためにやるべきこと、オーバーラッピングでできる弱点の克服と反復練習のメリット)

について解説しました。

ここで説明したことをもとに学習することで、あなたのリスニング力とスピーキング力が大幅に向上すること間違いないでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

入学金 0円 / オンラインレッスン 特別料金
〈1月31日・火まで〉

大人向けはこちら
大学生向けはこちら

【新春キャンペーン!】
入学金 0円+短期集中プログラム​

子供向け 中高生向け

無料体験で、ベルリッツクオリティを体感

無料体験レッスンは、教室・オンラインをご用意。
一部のプログラムは、無料オンライン体験または受講相談のみとなる場合がございます。

*は入力必須です。

個人情報の取り扱い にご同意いただいた場合のみ、「この内容で送信する」を押してください。

お申込みいただいた内容について、お電話またはメールにてご連絡を差し上げます。

英語教育改革の解説つき!他社との違いがわかる資料をご用意